大塚国際美術館


前からかなり気になりながらも、
なかなか行けてなかった。
ようやく思い切って、行ってきました「大塚国際美術館」

先ず感想を述べますと、とにかく見応えありました!
広いスペースに、膨大な展示物。
行くまでは、本物ではないから・・・という
先入観があったんですが、
たとえコピーと言えども、さすがの名作はパワーが有ります。
そのパワーを、まともに受け止めたら
あっという間に疲れてきましたよ。
温泉で例えたら、湯あたりみたいな感じ。。。。

館内は写真撮影がOKです。
私は、予備の電池を持って行ったのですが、
それでも、最後の方では電池切れになってしまいました。
あ、そうそう、上の写真は「E.T」の映画の中の
最後のクライマックスの場面のヒントになったそうですね。

コピーと言っても、模写とか写真とかではなく
陶板に焼き付けた、実物大のもので
ほぼ現物と寸分違わず、勢いも保っています。
館内には、レストランやカフェもあります。
休憩しながら見ていかないと
集中力が途切れそうでしたよ^^

建物は、地下3階から地上2階まであります。
下から順番に見ていくような順路になっています。
時代もどんどん新しくなっていきます。

一階には、こんな広いスペース。
右手の建物がレストラン。
地下1階にはカフェがあります。
カフェでコーヒを頼むとポットで出てきます。
このポット、かなりでかいので、二人で一つで十分ですよ^^

数ある作品の中で、
一番印象に残った作品がこれ。
嫁さんに言ったら、「意外だ」という答え。
まあ、確かに。
これを部屋に飾りたいとは思わないけど、
構図や、人の表情、色合い、などなど
妙に引きつけられるんです。
いい写真のフレーミングのお手本みたいな感じ。
左の木の切り方は、参考になります。

カフェの、オープンテラス脇に睡蓮が咲いていました。
せっかくなので、まじめにフレーミングして、
絵画風の作品にしてみました。
いかがでしょうか?^^


「大塚国際美術館」への2件のフィードバック

  1. 睡蓮の写真、色合いやボケ具合が絶妙ですね、さすが〜(^_^)v
    `一日では回りきれないかも・・`と知り合いから聞いた事がありますが、カフェでゆっくりしすぎると時間が足りなくなりそうですね。

  2. ☆らんどなあさん    毎度です^^
    お褒めいただきありがとうございます^^
    確かに、開館時間から閉館時間まで、効率よく回らないとじっくりは見えないですね。
    ざっと流して、後から見直そうと思ったら、精神的に疲れて見直しできないことになりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です