ポーレックスコーヒーミル、メンテナンス。


 

ポーレックスのコーヒーミルは素晴らしい。

通常サイズは家用として、

ミニサイズはアウトドア用として、

それぞれ、活躍してくれています。

 

 

ただ、このハンドル部分の穴が、

毎日使っているうちに摩耗して、

穴が大きくなり、抜けやすくなってしまうんです。

 

現在販売されているものは、

この部分の形状が改良されて、

摩耗しにくいようになっているようです。

かなり、要望があったんでしょうね。

 

 

 

 

本来は、5角形の穴が開いていて、

5角形のシャフトにハマるようになっています。

この、5角形の穴が、だんだん大きくなり、

豆を挽いている間に、何度もすっぽ抜けるのです。

 

 

 

 

そこで、抜けやすくなったら、

ハンドルの穴の部分を、ハンマーで叩いて、

穴を小さくして、抜けにくくするというワザがあります。

 

写真のような、小ぶりな金床があると便利ですよ。

 

金床に、穴の部分を当てておいて、

ハンマーでコツコツ叩きます。

叩くと、ハンドルのその部分が

薄く伸びながら、穴を小さくしていきます。

 

時々軸に合わせてみて、

ちょっときつくなるくらいまで叩きます。

 

 

 

仕上げに、小さなやすりを使って、

穴の形を整えます。

これでまたしばらくは、スポスポ抜けずに

豆を挽くことが出来ますよ。

 

 

いつもはここまでなのですが、

今回は、ハンドルに焼きを入れてやろうと思います。

 

 

 

 

バーナーで、ハンドルの穴の部分を焼きます。

赤くなるまでしっかり熱しますよ。

 

しっかり焼けたら、

即座に冷水に漬け込みます。

 

 

急激に冷やすことによって、

ハンドルの硬度を上げようという訳です。

 

これで、少しでも摩耗する時間を稼ごうと思います。

 

 

軸に入れてみると、かなりしっかりハマりました。

さて、どの程度硬化したかは、

使ってみないとわからない。

 

少しは時間稼ぎが出来るのではないかな?

また、おいおいレポートいたしましょう^^


コメントを残す