画像

ニコマートFT-n


 

趣味はと聞かれると、一言では答えられない。

でもやっぱりカメラは外せないかな?

 

このカメラは、ニコマートFT-nというカメラ。

 

高校生の時、春夏冬の長期休暇のたびに、

土木作業のアルバイトをして、

初めて自分で買ったカメラです。

 

ニコンにはその頃、ニコンFというフラッグシップ機があり、

プロが使う名機だった。

 

 

 

もちろん、本当はそっちが欲しかったけど、

高校生の手に届くものではなかった。

 

そこで、ニコンFの廉価版と言える

ニコマートを購入したというわけ。

 

シャッターシステムが、サードパーティー製で、

縦走り幕シャッター。

横走りに比べ、走行距離が短い分、

ストロボシンクロシャッター速度が125分の1という、

ニコンFを凌ぐ性能も持っていました。

 

レンズも、当時はf=1.2や、1.4も出ていて、

大口径レンズ花盛りの時代でした。

 

しかし、高校生にはf=2が精一杯。

その頃、明るいレンズに憧れたものでした。

 

しかし、デジカメ時代の今、

F=2と言えば、充分明るい部類に入る。

 

 

さて、いよいよ、私も、ぼちぼち、

新しいカメラを導入しようかと考え中。

 

相変わらずのニコン党ではありますが、

選ぶのはやはり、身の丈にあった、

フラッグシップよりはちょっと下位のカメラ。

 

今時、スマホでも、アーティスティックな写真が

どんどん撮られる時代。。。。。

写真は記録ではなく、表現だと、

最近つくづく感じています。

 

私のインスタはこちらです。

 

https://www.instagram.com/jeep8155/


プライベート名刺を作る。


 

このプライベート名刺をお渡しすると、

必ず、「凝ってますねぇ」とか、

「オシャレですねぇ」とか、言って頂ける。

 

簡単な割に、受けが良いのでお勧めですよ。

 

 

A・oneという用紙メーカーの製品を使ってます。

そして、編集ソフトも、同メーカーが提供している、

無料の「ラベル屋さん」というソフトを使います。

 

用紙の型番を入れて編集すれば、

ミシン目にぴったり収まって、

はみ出す心配はありませんよ。

 

 

 

あらかじめ用意した画像を取り込んで背景にし、

そこにいろいろ文字を入れていきます。

 

QRコードなども、このソフトで生成できます。

 

 

 

原稿が出来上がったら印刷です。

 

私が使っているのは、透明艶消しフィルムタイプ。

品番は51181です。

 

片面はツヤがあって、片面はツヤ消し。

 

 

そのつや消し面のざらざらした側に印刷します。

その時、鏡面印刷と言って、

反転させて印刷しますよ。

 

 

 

それをツヤのある表から見ると、

正像に見えるという訳です。

 

このソフトは、年賀状にも対応しているので、

これからの季節、そちらでも活躍しそうですよ。

 

 


熊岡のカタパン


 

 

特に敬虔な仏教徒というわけではないですが、

一応代々真言宗であります。

 

お大師さんの足跡を偲びながら、

折りにつけお参りするというスタンスです。

 

 

 

JAM_3704

 

 

お大師さんご生誕の地である善通寺に行きますと、

その参道脇に、行列のできる老舗菓舗がありますね。

 

 

 

JAM_3699

 

店構えもノスタルジックなら、

店内のガラスケースも、これまたノスタルジック。

 

売ってるおばちゃんの割烹着姿がまた、

絵になっている。

 

 

 

JAM_3697

 

売られているお菓子はすべて量り売り。

そのお菓子の姿もノスタルジック。

 

すべてが、統一された方向性でまとまっているので、

まるで、映画のセットのようですよ。

 

JAM_3705

 

さて我が家は今回、3種類のお菓子を買いましたよ。

この紙袋も、ノスタルジックでしょう^^

トータルコーディネートですね。

 

 

JAM_3710

これは、そばボーロ。

サクサクで、口の中でとろけます。

 

 

JAM_3709

そしてこれは、へそまん。

この姿かたちが、もれなく微笑みを生むという

ほのぼのしたお菓子です。

 

 

JAM_3707

 

そして なんと言っても、忘れてはいけない

こいつが超人気の「石パン」です。

 

とにかく硬い。

 

肉食系の人も、いきなりは絶対噛めない。

キャンディーのように 口に放り込んでも、噛み砕けなくて、

誰もがしばらく、間抜けな顔になる優れもの^^

 

硬いお菓子選手権大会があれば、きっと必ず

日本一に輝くと思うんですが、いかがでしょう?

 

 


自家製観葉植物


 

 

なかなかの枝ぶりではないでしょうか?

 

 

JAM_2015

 

一体、これ何だと思います?

 

実はこれ、我が家的マイブームの

サツマイモの水栽培です。

 

だいたい、ポトスなどもサトイモ科の植物だし、

観葉植物って、芋系が多いようです。

 

 

JAM_2024

 

サツマイモの切れ端を、

このように水栽培にしたら、

3週間ほどでここまで育ちました。

 

さあ、これからどのように育っていくのか、

どんな枝ぶりになるのか、

ゆくゆくは、芋が収穫できるのか・・・。

 

ゆるーく楽しむ、お手軽水栽培^^

 

JAM_2026

 

これって、根のほうも結構アートしてます。

そう言えば、サツマイモの花ってどんなだったっけ?

花が咲くまで、頑張ってみようかな^^

 

 

 


ミリタリーな木箱がやって来た


 

新居浜で開かれるジョイントマーケット。

今回で最後と聞いて、ちょっくら覗いてきました。

 

アンティークや、ハンドメイドが多く、

蚤の市感が強かったので、好きなマルシェでした。

 

今日の戦利品はこれ。

 

聞いたけど忘れた。

どこかの国の軍隊の、手りゅう弾を入れる箱。

 

ヤレた感じにググッときました。

エイジングしてるのかと聞いたら、そのままだそうで、

ちょうど良いくらいの傷み加減です。

 

 

両サイドには、丈夫なベルトがあって、

それが取っ手になる仕組みです。

 

両手でも持てるし、片手で下げることも出来る。

 

 

そのバンドの部分は、

木が彫られていて、ベルトはツライチに格納出来て、

その裏側には、指が入る逃げを彫ってある。

 

軍物の割には、芸が細かいですね。

 

 

 

四隅の金物も良く出来ていて、

ふたの蝶つがいを、スリットひとつでこなしてます。

 

共通のパーツを使うことで

コストダウンしています。

 

 

 

せっかくなのでアルミの食器を入れてみて、

兵隊さんの雰囲気を出してみた。

 

まあこれが!良く似合うのにあえわないの(笑)

食器たちが、自分の居場所を発見したと言わんばかり。。

妙にしっくり収まっているのでありました^^

 

 

 

 


シコチューアルプス冠雪。


 

四国中央市の法皇山脈が今年初冠雪です。

標高800m辺りから上が真っ白になりましたよ。

 

 

稜線の形が、空に映えてなかなか美しいですね。

この写真だけ見たら、どこの高山かと思うほどです。

まさにアルプスのようではないですか?

四国には、もっと高い山がたくさんありますが

この法皇山脈は、里の背中にそびえ立っているので

いかにもそそり立った山並みに見えます。

 

この山が、「豊受山」で1247m。

通称「おといこさん」

このすぐ西には「赤星山」が1453mで並んでいます。

例年なら、この時期は霧氷が着く時期がしばらく続いてから

そのあと、冠雪になるのですが、

今年は、霧氷の時期がすごく短く、

いきなり初冠雪を迎えました。

 

海辺からすぐそこに1000m級の山々がそびえているので

独特な風景になってます。

 

海岸線に立って、頂上を見上げる角度は、

富士山よりも高い。

 

これを風光明媚と言わずして

何と言うでしょう!(笑)

ここに暮らすことに感謝いたします^^


シコチューのミステリーサークル


 

先日、四国中央市にある謎の池を探検しました。

「天満岬、謎池探検」

実は、もう一つ、不思議なものがあって、

誰か誘って探検に行きたいなあ、と思うのですよ。

 

 

 

この写真は、法皇山脈の鋸山を写したもの。

四国中央市の、寒川町の風景です。

 

何の変哲もない風景のようですが、

白い鉄筋の家の向こうをよく見てください。

 

ちょっと写真を拡大しましょう。

 

 

 

この山の斜面に、ミステリーサークルがあるんです。

 

まるでクリスマスリースのように、

そこだけ色が違うのが分るでしょう?

 

ざっと直径は30mほどあると思われます。

 

 

 

 

ちょっと違う角度から見てみるとこんな感じ。

 

丸い形に、周囲とは違う木が植えられていますね。

いったいどういう理由で、どこの誰が、

山の斜面に、このようなサークルを作ったのか?

 

 

 

 

GoogleMAPの航空写真で見ると、

まん丸だということが良く分かります。

 

これは、絶対探検に行って謎を突き止めたい!

一緒に探検する人募集します^^

 


リヴが乗ってます的ステッカー


 

 

先日、オリジナルステッカーを作るなら、

メルカリの職人に頼むのが良いという

記事を書きましたら、

古くからのブログ仲間である、ケース家さんが、

カッティングシートなら作れるよと、

なんと!作って送ってくれました。

 

素晴らしい!

イメージ通りのステッカーがやって来ましたよ。

 

Jeepのeの文字を、肉球のデザインに置き換えて、

あえて、DOG IN CARと表記せず、

ワンコが乗っている感を出してます。

 

上部に、LIVE 4WD。変な英語?

 

リヴは4本足。と言う意味です(笑)

 

下部にはブログのタイトル。

 

切り抜いた方も、一緒に送ってくれました。

これはこれで可愛い!

何処か、これが似合うところがありそうだ。

 

 

 

合計4種枚のステッカーを送ってくれました。

さあ、どこにどのステッカーを貼るか?

もう!素敵すぎて、貼るところが決まらない。

 

もうしばらく悩んでみます。

 

 

 

 

ケース家さん、本当にありがとうございました!!

 


翠波峰頂上公園


 

 

翠波高原は、春の菜の花、秋のコスモスで有名です。

 

JAM_4797

 

そこから、もう少し山頂近くまで車を走らせると、

翠波の広場という、公園が有りますよ。

 

公園と言っても、東屋があって、

ベンチが幾つかあるだけの広場です。

 

JAM_4782

 

この広場からは、燧灘が一望できます。

天気が良ければ、しまなみ海道や、

向かいの、広島県、岡山県まで見ることが出来ます。

 

そして、瀬戸の島々や、四国中央市の町並みなど

箱庭のように、眼下に望むことが出来ます。

 

JAM_4795

 

広場から、南西の方角を見ると、小高くなっていて

そこに、翠波峰の頂上が有ります。

 

頂上の周辺は、自然の草むらですが、

娘たちがまだ小さかった頃、

ここでよく、ソリ遊びをしていましたよ。

 

 

 

 

JAM_4783

 

この翠波峰の標高は、国土地理院の情報では

889.6mとなっっています。

 

翠波峰は、実は2峰に分かれていて、

三角点は、その中間点あたりにあり、

一番高い部分では無いんです。

 

したがって、この頂上部分に立つと、

多分、900mに届くのでは無いかと思うのです。

 

 

JAM_4787

 

ここまで登ると、今度は南側に四国山脈が見えて、

その手前には、銅山川が見えますよ。

 

ちょうど足元が金砂湖で、なかなか風光明媚なところです。

 

菜の花や、秋桜の時期以外でも、

気軽にピクニックが出来ますよ。

 

翠波峰

 

 

 


PRIMUS ETA LITE(プリムス・エタライト)


 

「ジェットボイルですね」

と、よく言われますが、ジェットボイルではありません。

 

プリムスの「エタライト」という

コンパクト湯沸かし器です。

 

JAM_3238

500ccのお湯を瞬時に沸かしてくれます。

 

かなりコンパクトなシステムです。

 

 

JAM_3242

コンロとポットは、接合部がはめ込み式で、

カメラの交換レンズのように、はめて回すと固定されます。

 

 

 

JAM_3249

エタパワーシリーズの共通の特徴は、

ヒートエクスチェンジャーというこのヒダヒダ。

ヒダヒダが、赤くなるほど熱を吸収して、

ポットの底を、急速に温める。

 

これが、早くお湯が湧く秘密です。

 

 

JAM_3255

小さなガスボンベを使うと、

背が高くなって安定が悪い。

 

そこで、大きめのスタンドが付属しています。

 

 

 

 

JAM_3248

 

実際に500ccの水が、沸騰するまでの時間を、

ストップウオッチで計ってみました。

 

グラグラと湧くまでにちょうど3分でした。

 

 

JAM_3250

エタライトは、バーナー部分も、ガスボンベも、

ちょうどポットに収まるんです。

 

このコンパクトさが有り難い。

 

JAM_3256

また、ポットはネオプレーン製のカバーで覆われ、

お湯が湧いた状態でも、グリップできます。

 

また、ハンドル部を上部に取り付けると、

ぶら下げて、お湯を沸かせます。

 

岩場など、地面が安定していない場所、

例えばロッククライミングの途中でも、

お湯が沸かせるというわけです。

 

JAM_3257

グリップには、このようなネジが3本。

これは、何かと申しますと・・・

 

 

 

JAM_3260

コンロの、風防の所にこのネジを固定すると、

五徳になるというわけです。

 

つまり、専用ポット以外でも使えます。

ジェットボイルとは、ここが大きく違う。

 

JAM_3261

トランギアのやかんを乗せるとこんな感じ。

違和感なく、使えますよ。