「暮らし」カテゴリーアーカイブ

強化プラスチックツール


 

このシルエットは、妙に琴線に響くものがある。

なぜか、物欲を刺激する。

 

 

一見すると、プラモデルの組み立て前パーツのようでしょう?

実はこれ、強化プラスチックで出来た

工具のセットなんですよ。

 

 

 

プラモデルを作る時と同じように、

枝からパーツを取り外して使います。

手で、ポキポキと外れますが、

どうしてもバリが出るので、

ニッパーなどで丁寧に切り離すほうが良いでしょう。

 

 

ハンドルに、先端工具を取り付けて使用します。

先端工具を取り換えて、いろいろ使えるというわけです。

材質が強化プラスチックなので、電気を通さず、

PCの組み立てなど静電気を嫌う組み立てに向いています。

また、耐薬品性にも優れています。

 

 

細かなものをつまむのに使うピンセットや

M1.6からM4まで、5種類のナットをつかむスパナ。

プラスドライバーと、マイナスドライバーは、

それぞれ№1と№2、合計4個。

6角レンチは、M3とM4。

6角ボックスはM2からM4までの4種類。

 

それぞれのパーツは、切り取った外枠に

取り付けられるようになっています。

実用性以上に、なぜか心惹かれる

大人の子供心を知り尽くしたような一品じゃないですか?

 

 

 


ステンシルフォントの入手方法


 

ステンシルシートを作るにあたって、

まず、フォントを用意しなければなりません。

 

元々パソコンに標準装備されている

ゴシックなどのフォントを元に、

自分で手を加えるという方法もあります。

 

要は、切り抜いた時に抜け落ちないように

つなぎ目を入れれば良いので、

Illustratorなどで自分で作ることもできます。

 

全画面キャプチャ 20140513 223503-a

 

手っ取り早く、おしゃれに始めるために

ステンシルフォントをダウンロードしてみましょう。

 

日本のサイトでは、ほとんどの場合有料なので

こちらのサイトをご紹介します。

 

http://www.dafont.com/

 

先ず、フロントページが開いたら、

Fancyのカテゴリーの中の、stencil.armyという項目を選択します。

 

全画面キャプチャ 20140513 223520

 

すると、沢山のステンシルフォントが表示されます。

 

何ページにも渡って、紹介されていますので

お気に入りを探してみてください。

全画面キャプチャ 20140513 223520-1-a

 

それぞれの紹介欄の右の方に

その使用権限についての表記があります。

 

Freeのものから寄付を求めるものまで、いろいろありますが、

Freeの中でも使えるものがいっぱいあります。

 

欲しいフォントが決まったら、downloadのボタンをクリックします。

 

全画面キャプチャ 20140513 224735-a

 

ダウンロードしたフォントデータは、

パソコンのフォントのフォルダーに格納します。

 

スタートから、コントロールパネルを選択して

その中のフォントの項目をクリックして

そこに新しいステンシルフォントを格納するのです。

 

あとは、Wordでもメモ帳でも、様々なエディターで

ダウンロードしたフォントが使えるようになります。

 

JAM_6499

 

このフォントを使って、ステンシルプレートを作るわけです。

 

 

 


不動の滝カントリーパーク


 

 

 

 

 

市営の公園で、カントリーパークという名前。

手入れの行き届いた、綺麗な公園ですよ。

 

その立地条件が素晴らしい。

 

JAM_2592

駐車場からすぐに、芝生広場につながっていて、

思いっきり駆け回れる広さです。

 

周辺に電線などが無いので

凧揚げにも適しています。

 

 

JAM_2594

その広場の山沿いには、

大規模な遊具があって、お子様には大人気。

 

この公園、どうやらワンコもOKのようです。

もちろん、マナー厳守ですが、

遊歩道を散歩することも出来ますよ。

 

 

JAM_2595

今では懐かしい、パットパットゴルフが現役^^

 

久しぶりにやってみたら、

これが中々の大盛り上がり。

 

コミニュティセンター主催の

大会もあるようですよ。

 

JAM_2603

なんといっても最大の売りは、

この不動の滝。

 

奥深い山でもないのに、

よっぽどでないと枯れることがない

不思議な滝ですよ。

 

 

12687982_1132581253448707_8325579060132345437_n

今なら、滝つぼ周辺は水仙が満開。

梅の花も8分咲きほどになってます。

 

春には、桜まつりもある、桜の名所でもあります。

 

ショッピングモールから車で5分。

休日の行楽の拠点として、

一日楽しめますよ。

 

 

 

 

 


OldFactory


 

 

前々から気になっていたお店に行ってきました。

そこは、はっきり言ってパラダイスでした^^

 

 

お店の名前は「OldFactory」

 

ハンドメイドの木工雑貨を中心に、

今が旬の物から、アンティークなものまで、

鉄もあれば、ガラスもあるし、陶器もある。

 

時を忘れる空間ですよ。

 

 

 

まあ良くもこんなに集めたなぁと思うくらい、

幅広い分野の雑貨が揃っています。

 

そして、それらがすべて、

暮らしの中で使える雑貨ばかり。。。

 

いわゆるコレクションアイテムと言うのでなく、

使って育てて行けるモノが揃っています。

 

 

自分の暮らしに、どう活用できるかと言う

そんな視点で見て回ると、

とにかくワクワクが止まらない^^

 

地元の作家さんの、作品展示スペースもあって、

ある意味、お店と言うよりギャラリーですよ。

 

 

 

木工や、鉄工に関しては、

オーダーメイドにも応じてくれるそうです。

 

例えば、家の中のちょっとしたすき間に

ぴったりサイズの物を作ってくれますよ。

 

 

さて、わたくしもちょっと良いものゲットした。

まだ、使いこなせるか分からないけど、

これから、勉強してみます。

 

 

 

 

 

はい。これが戦利品。

なんと元箱付。

どうです!良き光を持ってますね。

 

なんとか、使いこなしたいと思います。

 

34.117124, 133.683959

スマホ割れる。


 

スマートフォンの液晶画面が割れた。

 

 

もう、この機種にして2回目。

 

肉体労働者なので、まあ、仕方ないけど、

どうしても、ポケットの中で

無理な力がかかってしまうのです。

 

でも、ご安心ください。

 

割れたのは、表面を保護している、

ガラス製のフィルムです。

 

粘着シートタイプより、貼りやすいので

ついついガラスフィルムを選んでしまう。

 

ちょっと前のガラスフィルムは

タッチ感度が落ちると言われていましたが、

最近のものは、粘着シートタイプと遜色ありません。

 

貼っているのを忘れるほどですよ。

 

 

さて、これからまた張り替え作業。

 

わたくし、この作業、大の苦手。

ゴミが入らないように、

気泡も入らないように、

かなり気を使って貼るんですが、

満足出来たためしがない。

 

さあ、今夜もこれから、憂鬱な作業だ。

 

 

 

 


キャンドルランタンをメンテナンス


 

長年愛用しているキャンドルランタン。

たまには掃除しようと、分解しました。

 

 

造りは非常にシンプル。

したがって、壊れるところも無く、

いたって丈夫です。

 

 

しかし、真鍮の部品は、すっかりくすんでしまってます。

そこで、真鍮のさび落としをやってみますよ。

 

用意するのは、重曹とお酢。

これをぶっかけて、しばらく置くと金ぴかになるはず。

 

重曹を振りかけておいて、上からお酢をかけました。

 

本当は、しっかり溶いてから

真鍮を投入したら良かったかもしれない。

 

 

重曹が乗っていたところだけ、

くすみが取れています。

 

まあ、このまま一昼夜漬け込んで置きましょう。

 

 

何ということでしょう!

(ビフォーアフターの曲♪)

ピカピカになりましたよ。

 

 

 

ほら、新品のようになりました。

 

 

 

これで、食事中のテーブルトップでも使える、

オシャンティーなキャンドルランタンになりました。


間違いなく美しくなれる錠剤


 

これさえあれば、簡単に美しくなれる。

なかなか重宝しています。

 

JAM_2978

まるで、ミントタブレットのようなケースの中に、

黄色い錠剤が入ってます。

 

これね、効き目バツグン!!

大袈裟ではなく、誰でも簡単に効果がありますよ。

 

 

JAM_2976

というのも、これ、ハンドソープなんですよ。

そう、タブレット型の石鹸なんです。

 

 

 

JAM_2974

裏面を見ると、

「コンパクトで持ち歩き便利♪

携帯できるナチュラル石鹸」

と書かれています。

 

 

 

JAM_2981

ミントタブレットと比べると、ほぼ同じ大きさ。

厚みは倍くらいあります。

 

これなら、携帯に便利でしょ?

 

 

JAM_2985

一粒でも、充分過ぎるほど泡立ちます。

 

レモンミントの香りも爽やか。

アウトドアで、大活躍まちがいなしです。

 

でも、間違って口に入れないように、

食いしん坊は要注意ですぞ^^


オリンパスペン ワイド


 

 

オリンパスペンといえば、ハーフサイズカメラで

一世を風靡した60年代の銘機です。

 

JAM_7451

そのオリンパスペンが、大流行した頃、

世の中は、ワイドレンズブームとなった。

そこで、オリンパスも、焦点距離25mmの

ワイドレンズを投入しました。

 

もともとのペンが28mmで、たった3mmの短縮ですが

室内でのスナップや、家族写真などでは

かなり効果があったのでしょう。

 

JAM_7447

さて、このカメラは、裏蓋は蝶板式ではなく

スライドして、分離するタイプ。

蝶板より、若干不便なようですが、

安価に遮光できるというメリットがあったようです。

底部の、固定ノブを回すと

裏蓋のロックが外れます。

JAM_7448

これが、裏蓋が外れたところ。。。

完全マニュアルなので、電池室はありません。

 

絞りも、シャッター速度も、もちろんピントも

全部、自分で合わさなくてはなりませんよ。

 

JAM_7450

フィルムをセットしたところ。

あえて、ISO感度100をチョイスしました。

 

さあ、どんな写真が撮れるでしょう?

楽しみです。

 

 

JAM_7455

広角ならではの、被写界深度の深さを利用し、

ピントを2mに合わせておけば、

1.5m程から、無限遠までは合焦します。

あとは、経験と勘を利用して露出を決定する。

 

撮れる写真もレトロなんでしょうか?

それは現像後のお楽しみです。。。。


アラジンストーブの芯を交換してみよう。


 

もう40年使っているアラジンストーブ。

 

レトロなスタイルもさることながら、

静かに部屋を暖めてくれて、

ヤカンのお湯は、加湿器代わりにもなる。

そのお湯は、就寝時の湯たんぽに使用出来て

良いことづくめのアラジンストーブです。

 

 

しかし、ファンヒーターと違って芯が消耗品。

 

古いスタイルのストーブですから、

芯が手に入らなくなると、使うことができなくなる。。。

今のうちにゲットしとこうと思い、

ヤフオクにて入手いたしました。

 

 

 

芯と一緒に、詳しい取り替え手順書が入っています。

さらに、普段のメンテナンス要領書も

詳しい写真付きで同封されています。

なかなか親切ですね。

 

 

石油ストーブの芯を交換して、使い続けるという発想が

ほかのストーブでは無かったと思うんです。

 

ちょっと高価ですが、

こういうところが結局エコにもつながるし、

愛着を持って、使い続けられる。。。

 

これからも一緒に歳を重ねていきますよ。

 


照明スイッチの交換


 

近頃、雑貨屋さんに行くと、

おしゃれな照明スイッチが並んでます。

 

レトロな雰囲気の物が沢山ありますね。

 

 

現在使われているスイッチは、

だいたい左右に操作させるものが多いでしょう?

 

これは、上下に操作するタイプです。

そして、プレートは磁器で出来ているんですよ。

では、早速 その作業手順をご紹介します。

まず、古いプレートを外します。

このプレートは、はめ込み式なので

ナイフの刃などを隙間に入れて

こじることで外すことが出来ます。

 

表面のプレートが外れたら、プレートの枠を取り外します。

上下2本のビスで止まっていますから

それを緩めると簡単に外せます。

 

 

次は、スイッチを外します。

これも、上下2本のビスを緩めると外せます。

このスイッチには、2本の電線がつながっていますよ。

 

さて、ここでお断りしなくてはなりません。

実は、ここから先の作業。つまり、電線の接続に係る作業は

電気工事士の資格が無いと、行なってはなりません。

資格をもたない場合は、

近くの電気屋さんにお願いしてください。

 

 

古いスイッチにつながっている電線を外して、

新しいスイッチに、電線を接続します。

この作業は、必ず有資格者がしなければなりません。

電線が、確実につながったら

元のとおり、スイッチを固定していきます。

 

 

 

上下2本のビスで、スイッチを固定したところ。

この時、タテヨコの傾きを確認します。

壁の端から、スケールなどで寸法を測ってまっすぐ固定しましょう。

最後に、プレートの固定です。

 

 

 

止めビスは、マイナスのビスですから

マイナスドライバーを用意しましょう。

プレートは、無理に締め付けないように。

磁器で出来ているので、締めすぎると割れてしまいます。

 

さあ、これで作業は完了。

 

はい、ビフォーアフターです。

いかがです?洒落た感じになったでしょう?

スイッチが新しくなったら、壁紙も替えたくなってくる^^

これから少しずつ、部屋の雰囲気を変えていこう・・・・

今年のやるべき行動、第一段というわけでした。

 

 

電気工事士法 第3条1項
「第一種電気工事士免状の交付を受けている者(以下「第一種電気工事士」という。)でなければ、自家用電気工作物に係る電気工事(第3項に規定する電気工事を除く。第4項において同じ。)の作業(自家用電気工作物の保安上支障がないと認められる作業であつて、経済産業省令で定めるものを除く。)に従事してはならない。」

電気工事士法 第3条2項
「第一種電気工事士又は第二種電気工事士免状の交付を受けている者(以下「第二種電気工事士」という。)でなければ、一般用電気工作物に係る電気工事の作業(一般用電気工作物の保安上支障がないと認められる作業であつて、経済産業省令で定めるものを除く。以下同じ。)に従事してはならない。」

そのため、資格を持っていない人が工事をすると、罰金や罰則が与えられます。
また、ベテランの方でも不注意によって死亡事故が起きているのが電気工事です。電気工事は感電事故だけでなく、転落事故、漏電により火災事故の危険もあります。
もし漏電により火災が起こってしまったら、家財の火災保険は漏電やショートでの損害は対象にはならないことがあるので注意が必要です。