さよなら、うどんの自動販売機


移ろいゆく時の流れには、
必ず別れが付きまとうものです。

今日は、沈みゆく夕陽を惜しんでいるのでは無いのです。
この風景の、傍らに佇む一つの物体を見て下さい。
どこかで見た覚えはないでしょうか?
もっと近づいて見ましょう。。

そうです、あの、「うどんの自動販売機」。
今や、マニアの中ではシコチューは聖地とされていて
時折、県外ナンバーの車がやって来ては
この前で、記念撮影をしている光景も見られたのです。
現存しているものとしては、
四国ではここだけだったのです。
それがとうとう、撤去されるようです。

元々あった場所見てみましょう。
そこは、とても大きな、業務用製氷機があって
漁船向けの、氷を作っていたんです。
その、製氷工場が素っ裸になっています。
外壁を改修する模様です。
その改修工事に伴って、
その前に有ったうどんの自動販売機が撤去されたんですね。

もう一つ、製紙工場群の中に現存するものを確認しましたら、
こちらも、電源が入ってなくて営業していないようです。
とうとう、一つの文化が消えてしまうのでしょうか?
数年前に、このうどんの自動販売機をYouTubeにアップしたら、
今では56000あまリのアクセス数になっています。
どうぞ、懐かしんでご覧ください。
合掌。


「さよなら、うどんの自動販売機」への2件のフィードバック

  1. 夜釣りをしてた頃に利用させてもらってました。
    ロープで斜めにくくられている姿は・・・せつないです。

  2. ☆らんどなあさん   こんばんは^^
    夜釣りの必需品でしたね。あと、市民プールでも冷えた身体に美味かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です