ミノルタ ハイマチックセブン


 

MINOLTA HI-MATICをご紹介しましょう。

 

1962年(昭和37年)発売のカメラです。

発売価格は18800円。

このあと、23年間に渡って

ハイマチックシリーズは続くんですが

その初代となるのがこのカメラです。

レンズは、ROKKOR-PF 45mm/F2。

 

このカメラは、アメリカ最初の人間衛星

フレンドシップ7号に搭乗した

グレン中佐が使用したカメラとして有名になりました。

その後発売される、ハイマチック7などに付けられる

「7」の文字はこのフレンドシップ7号から

取られたんですよ。

ミノルタは、アルファシリーズでも、

「7000」や「7700」など

「7」にはこだわってますね。

 

このカメラの特徴は、先ず第一にシャッターボタンの位置。

ボディー右側全面についています。

普通、シャッターは右手人差し指の仕事ですが、

このカメラでは、中指を使うんです。

なぜ、シャッターボタンがこの位置に来たかというと、

本来シャッターボタンの機構が収まる部分に

セレン光電池が内蔵されているからなんですね。

 

光が当たると、電気が起きる。

明るさの違いが、電圧の違いになることを利用した

プログラムEE機構を採用しているのです。

この時期に、各メーカーからこのセレン光電池を

用いたカメラが次々と発売されましたが、

CdsやSpdなどの、光変換素子が開発され

セレン光電池は姿を消していきます。

 

我が家にある、ハイマチックシリーズ3台。

左から順に新しくなりますが、

徐々にコンパクトになっていますね。

コンパクトになっても、今のデジタル一眼よりも重い。。。。

そのズッシリ感が、メカの固まりという感じで

我々マニアにはたまらんのですが・・・・・(笑)


コメントを残す