かりんとう饅頭


 

お土産で頂きました。

播磨名物「かりんとう饅頭」です。

 

 

その名前は聞いたことがあったけど、

お目にかかるのは初めて・・・。

どこがどう、「かりんとう」なのでしょう。

 

かりんとう好きで、まんじゅう好きには

興味津々でたまりませんん。

 

箱を開けると、案外無造作にまんじゅうが入っています。

包んでいる袋は、封はされていなくて

ただ口を折りたたんでいるだけ。

それでも袋から飛び出すこともなく収まっています。

 

さて、まんじゅうを取り出してみると

その名の通り、かりんとうの色。

しかし、かりんとうと言うほどの硬さは無いですよ。

よくある黒糖まんじゅうとの違いはどこにあるのか?

実はこれ、油で揚げているんですね。

 

2つに切る作業だけで、包み紙はご覧のように油まみれ。。。

能書きによると、米油で揚げているんだそうですよ。

中はこしあんがたっぷり詰まっています。

そして、皮がまさに香ばしいかりんとう。

特に底の部分が、もろかりんとう風味。

いやあ、これは美味い!

脳裏をかすめるカロリーのことを無視して、

立て続けに2個行っちゃいましたよ。

ヤバイヤバイ・・・・・・。


コメントを残す