年越し蕎麦の自動販売機


 

国際機関から絶滅危惧種のひとつと

数えられて久しい、うどんの自動販売機。

 

かろうじて、わが町には2台現存しています。

 

JAM_1179

250円で、熱々のうどんが出てくる。

300円入れても良いのですが、お釣りの50円が、

釣り銭口から飛び出す事があります。

 

足元の水溜りに飛び込んだら、

今から食事だというのに、

水溜りへ指を突っ込まなくてはならない。

 

出来るだけ、250円ちょうど用意してください。

 

JAM_1181

さて、そんなお茶目な自販機ですが、

年末限定で、年越し蕎麦になるんですよ。

 

縁起物ですので、頂きに参りました。

 

それにしても、この張り紙。

あまりにも達筆。

地元出身の書道家、紫舟さんの筆になると、

都市伝説が流れていますが・・・?

 

 

JAM_1188

ここの自販機のすごいところはこのロケーション。

瀬戸内海の絶景を眺めながら食べられる。

 

自販機のポケットに、袋入りの七味があるので

そいつを潮風と共に振り掛けていただきましょう。

 

JAM_1190

Facebookに この写真を載せたら、

めちゃめちゃ太い蕎麦だと、たくさん突っ込まれました。

 

しかし、わが町周辺のスーパーに行けば、

この手の蕎麦が、袋入りで普通に売られてます。

 

決して黒いうどんではありませんぞ。

 

 

JAM_1192

 

もしも、この蕎麦が、夕飯に出てきたら、

ちゃぶ台ひっくり返すレベルかもしれませんが、

こうして、アウトドアで食べると、抜群に美味い!

 

もしも、チャンスが有るなら是非、

年越し蕎麦を、ここで食べてみてください。

素敵な年越しになること間違いなしですよ!

(当サイト調べ)

 

以前、動画をアップしたら6万近くアクセスされてます。

 


コメントを残す