2代目、ユニフレーム焚き火ロースター


 

3年前から始めた、コーヒーの自家焙煎。

コツコツと、今も続けてます。

 

使うツールは、ユニフレームの焚き火ロースター。

自家用のコーヒーは常にこれで煎っています。

 

3年目にして、ようやく煎り具合が安定してきました。

火加減や、揺すり具合、音や香り、

様々な情報がかなり呑み込めて来た気がします。

 

 

そんな折り、先日の焙煎中に違和感。

 

なんと!3年間の酷使により柄の根元に亀裂が!

このロースターの特徴で、上蓋の網の目が粗く、

逆さまに揺らして、皮の排出がスムーズに出来る。

それで、雑味が軽減できるのです。

 

しかし、その動きが柄に負担をかけていたんですね。

 

 

 

裂けたところを溶接するという手もありますが、

3年間頑張ってくれたロースターには、

ここは引退していただくことにしました。

 

そして、2台目のロースターを購入。

 

 

比べてみると、3年間の歴史が

網の目に詰まっていますね。

 

早速、新しいロースターで煎ってみました。

網の中で、豆の滑る音が、

かなり新鮮な音でちょっとびっくり。

 

 

 

はい、2代目生んだ最初の豆。

なかなか良い感じに煎れました。

2日ほど寝かせてから、頂くことにいたしましょう。

 

 

 

 


コメントを残す