ナンバープレートを持ち上げよう


 

飛脚が箱を運んできた。

リヴが、自分の荷物じゃないかと興味津々ですが、

残念ながら、またまたJeep®のカスタムグッズです。

 

 

 

 

K-PRODUKTSというジムニー専門の

カスタムパーツを扱っている業者からです。

 

本来はジムニー用ですが、

ラングラーにも全然問題なく使えると、

ラングラーオーナーたちのコミュニティで、

最近、評判の一品です。

 

 

 

何をするかと言いますと、

このフロントのナンバープレートの取り付け位置を

もう少し持ち上げようというものです。

 

フロントバンパーよりも、最下部が下がっていて、

上部に余裕があるので、どうも垂れ下がって見える。

 

悪路走破に大きく影響する

アプローチアングルを犠牲にしている。

 

もう、悪いことばかりです^^

 

 

そこで取り出だしたるは、アップナンバーステー2。

TANIGUTIというメーカーで作られています。

 

ステンレス製のZ型金具ですよ。

 

 

先ず、ナンバープレートを外します。

後ろのナンバープレートは封印がありますが、

前は、M6のビスで止まっているだけ。

ドライバーで簡単に外せます。

 

 

 

 

外したところへ、アップステーを取り付けます。

そして、ステーにナンバープレートを取り付ければ、

作業は終了。

簡単でしょう?

 

はい。5cmほどナンバープレートが上がりました。

これで、フロントマスクがかなり引き締まった。

 

ちょっとしたことですが、

バンパーに対して、ちょうどな感じがハンパない。

 

 

 

そして、若干前傾姿勢になったプレート。

ヤンチャなムードを演出してます。

 

 

 

 

 

そして、実は、

ナンバーの下のその奥に、

このように、モニターカメラがひそんでいるのですが、

これも、視界が広がって、良い感じです。

 

 

 

 


コメントを残す