学校に泊まろう!緑の時計台。


 

高知道を走っていると、大豊ICの近くの山に、

三角屋根の時計台が見えるのですがご存知でしょうか?

 

 

 

そこは、もともと川口小学校と言う、

山間の小さな小学校でした。

 

そこが廃校になった後、

ラフティングガイドだった野田ご夫妻が、

宿泊施設として復活させた施設なのです。

 

 

昔ながらの校舎の良さを、そのまま残し、

集う人が自然と童心に帰られる、

そんな、素朴でありながら刺激的なお宿です。

 

今日は、アポも無しに突然お邪魔しましたら、

用務員であるご主人の野田正樹さんが、

学校の中をグルリと案内してくださいました。

 

ここでは奥さんの野田由美子さんが校長先生で、

ご主人は用務員と言う立ち位置だそうですよ^^

 

 

基本的に素泊まり前提なので、

広いキッチンが用意されています。

それぞれが食材を持ち込み、

ここで食事の準備をするわけです。

 

調理器具や、什器はいろいろ備わっていました。

 

中でも目を引いたのが手作りのピザ窯。

しかしこれは、用務員さん的にはいまいちの出来で、

フライパンの方が上手く焼けると笑ってました。

 

 

 

 

さて、宿泊棟に足を踏み入れると、

噂の長~い廊下がありますよ。

 

長い廊下と言えばあれ。

そう、雑巾がけレースですね。

 

 

 

 

 

 

 

そしてここは音楽室。

ピアノやオルガンなど、自由に弾けるそうです。

昔に戻って、みんなで合唱も楽しいかもね。

 

 

 

 

 

 

そしてここは図書室。

もともと学校にあった蔵書をそのままにしてあるそうです。

子供のころ読んだ懐かしい本もあるのでは。

 

読書も自由だそうです。

 

 

 

今日は、用務員さんのご厚意により、

リヴも隅々まで一緒に探検してきました。

 

次回のラフティングの前泊や後泊の計画は、

ここを拠点にするというアイデアもありですね。

 

 

詳しいことはこちらをどうぞ。

学校に泊まろう!みどりの時計台サイト

 

 


コメントを残す