アサヒフレックス用接写リング。


 

 

元箱入りの、アサヒフレックス用接写リング。

なかなかレアな逸品ではないでしょうか?

 

 

 

箱は、表面がベルベッドのような加工で、

高級感が漂っています。

 

文字は、金色の型押しで、

新品の時は、さぞ美しかったと思われます。

 

 

 

 

蓋を開けると、4つのサイズの接写リングが

綺麗に収まっています。

 

そもそも、接写リングと言うのは何でしょう?

 

これは、カメラとレンズの間に挟むことによって、

ピントの合う距離をググッと縮めて、

被写体をググッと大きく映すというものです。

 

間に挟むリングの厚みによって、

その効果がググっと変わります。

 

 

 

厚みが厚いほど、大きく映すことが出来るので、

色々な組み合わせで、好みの拡大率を選べます。

 

本来なら、ここで作例をお見せしたいところなのですが、

実は、この接写リングが

使えるカメラを持ち合わせていない。

 

このリングのネジ径は、37mm。

アサヒフレックス専用なのです。

 

 

 

 

アサヒフレックスのあとから出てくる、

プラクチカマウントは42mm。

 

そのサイズなら、フジカやペンタックスなど

いくつか持っているのですが、

37mmは持っていないのであります。

 

さて、アサヒフレックスを手に入れるべきなのか?

この、宝の持ち腐れを処分するべきか?

 

悩みどころなのであります。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です