カメラ一体型万華鏡の構想 


 

ご趣味は?と聞かれると、

「万華鏡を作ったりしてます」と、

答えている今日このごろです。

近頃は、万華鏡が生み出す、一期一会のその模様の美しさを、

なんとかビジュアルとして捉えたい欲望が

際限なく膨らんでいるのです。

 

 

そこで、思いついたのが

この古いレンズを使うということ。。。。

このレンズは、コムラーというメーカーの

75mmから150mmまでのズームレンズ。

レンズ基部のマウントを交換して、

あらゆるメーカーのカメラで使えるというもの。

タムロンや、シグマなどに比べると、

かなり安価な、サードパーティーレンズメーカーのものです。

 

 

このレンズが、ちょうどレギュラーサイズの万華鏡と

ほぼ長さが同じ。

このレンズを利用して、

万華鏡の映像を撮影できないかと思うのです。

 

 

一番先端のレンズを外して、万華鏡をセットしてみました。

もちろん、これだけでは画像を捉えることはできません。

焦点を合わすためには、まだまだ構成の検討が必要。

というか、弄りながら思ったんですが、

このレンズ銅鏡に、ミラーを組み込んで

レンズ自体を万華鏡にしてみたい・・・・。

そうすれば、確実にシャープな画像が

捉えられるのではないでしょうか?

 

妄想だけが、どんどんひとり歩きする

秋の夜長でございます。。。。

 

 

 


コメントを残す